mopera U ご利用規則

株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます。)がお客さまに提供するmopera Uサービス(以下「本サービス」といいます。)は、mopera Uご利用規則(以下「本規則」といいます。)、Xiサービス契約約款、FOMAサービス契約約款およびワイドスター通信サービス契約約款(以下「約款」といいます。)、mopera Uご利用上の注意等で規定する利用上の条件等に従って提供されます。

第1条 通信料について

本サービスをご利用いただくために、ドコモの提供するモバイルマルチメディア通信網または無線IP通信網をご利用された場合は、約款に定める料金(以下「通信料」といいます。)がかかります。なお、サイトの混雑等により、お客さまがご希望の情報を得られなかった場合にも通信料がかかりますので、ご了承ください。

第2条 ユーザID、パスワードについて

  1. ドコモは、お客さまに対して、ユーザIDおよびパスワード(以下総称して「moperaU ID等」といいます。)を付与します。
  2. お客さまは、本サービスを利用するにあたり、一部のサービスを除いてmoperaU ID等の入力が必要となります。なお、ドコモが「dアカウント規約」に基づき提供するdアカウントを取得したお客さまは、「My docomo」のwebサイト上でdアカウントのID・パスワードを入力し、本サービスのwebサイトへアクセスすることにより、一部のサービスを利用することができます。ドコモは、お客さまのmoperaU ID等およびdアカウントを確認した場合には、お客さまが利用したものとみなすことができるものとします。
  3. お客さまは、お客さまのmoperaU ID等およびdアカウントを他人に知られないよう管理を行うものとします。
  4. お客さまによるmoperaU ID等およびdアカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害は、ドコモの責に帰すべき事由による場合を除き、すべてお客さまが負担するものとします。
  5. ドコモは、第三者による不正と思われるアクセスを検知した場合、ドコモの判断でお客さまへの事前の通知なくmopera U ID等のパスワードを変更することがあります。

第3条 免責事項について

  1. ドコモは、本サービスの内容およびお客さまが本サービスを通じて得る情報等についてその安全性、正確性、確実性、有用性等についていかなる保証も行わないものとし、一切責任を負いません。
  2. 本サービスの提供、遅滞、変更、中止もしくは廃止、本サービスを通じて登録、提供もしくは収集されたお客さまの情報の消失、その他本サービスに関連して発生したお客さまの損害についてのドコモの責任は約款の規定のとおりとします。

第4条 通信機器等について

  1. お客さまは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、電気通信回線その他これらに付随して必要となる全ての機器の準備、設定等を、自己の費用と責任において行うものとします。
  2. ドコモは、お客さまが本サービスの利用にあたって使用する通信機器、ソフトウェア、電気通信回線およびこれらに付随して必要となる機器との互換性を確保するため、ドコモの設備もしくはソフトウェアを改造、変更または追加したり、本サービスの提供方法を変更する義務は負わないものとします。

第5条 お客さま情報の取扱いについて

  1. ドコモは、本サービスの提供において、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、登録いただいた名称・メールアドレス、料金に関する情報、お支払口座等の情報、ご利用履歴その他のお客さま情報を、下記の目的で利用することがあります。
    1. 本サービスの提供・保守、ご利用料金等の計算・請求その他関連する業務のため
    2. お申込受付時等の本人確認・家族確認のため
    3. サービス・キャンペーン・イベント等のご案内、各種アンケートの実施および謝礼等の発送、キャンペーン・イベント等における当選者の抽選および景品の発送その他お知らせの実施のため
    4. ご意見・ご要望・お問合せ等への対応のため
    5. ご利用状況の分析、各種施策実施のための分析および当該施策の効果測定、新サービス企画のための分析、サービス品質改善・応対サービス向上のための分析その他各種分析・調査の実施のため
    6. サービス・ネットワーク等の障害・不具合・事故発生時の調査・対応のため
    7. 不正契約・不正利用・不払いの発生防止および発生時の調査・対応のため
  2. ドコモは、本サービスの提供において、お客さまの個人情報の流出・漏洩の防止、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるものとし、約款または本規則において別に定める場合など正当な理由がある場合を除き、お客さまの同意なく利用目的外で利用したり、第三者に開示することはありません。

第6条 著作権等について

  1. お客さまは、権利者の承諾を得ない限り、いかなる場合においても、本サービスを通じて取得した情報を、著作権法で定めるお客さま個人の私的利用の範囲内で利用するものとします。
  2. 前項の規定に違反して紛争が生じた場合、お客さまは、自己の費用と責任において当該紛争を解決するとともに、ドコモを免責するものとし、損害を与えないものとします。

第7条 禁止事項について

  1. お客さまは本サービスを利用して次の行為を行わないものとします。
    1. ドコモもしくは第三者の著作権、その他の知的財産権を侵害する行為または侵害するおそれのある行為
    2. ドコモもしくは第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為または侵害するおそれのある行為
    3. ドコモもしくは第三者に不利益もしくは損害を与える行為またはそれらのおそれのある行為
    4. 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為またはそのおそれのある行為
    5. moperaU ID等およびdアカウントを不正に使用する行為
    6. サーバへの不正なアクセスなど、本サービスの運営を妨げる行為
    7. コンピュータウイルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、または本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為
    8. 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律または特定商取引に関する法律に違反する行為
    9. その他法令または公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
    10. その他ドコモが不適切と判断する行為
  2. ドコモは、お客さまが前項各号の規定の一にでも該当したことによりドコモが損害を被ったときは、その損害賠償を請求することができるものとします。

第8条 本サービスの利用停止について

  1. ドコモは、次の各号に該当するときは、本サービスの利用を停止することがあります。
    1. お客さまが本規則第7条(禁止事項について)の規定に違反したとき
    2. お客さまが本サービスご契約時に虚偽の申告をしたとき
    3. お客さまがmoperaU ID等またはdアカウントを不正に使用したとき
    4. 前各号のほか、本規則に反する行為であって、お客さまが本サービスに関するドコモの業務の遂行もしくはドコモの電気通信設備に支障を及ぼし、または及ぼすおそれのある行為をしたとき
    5. その他ドコモが不適当と判断したとき
  2. お客さまは、前項各号の一に規定する事由により本サービスの利用停止があった場合であっても、お客さまは、約款に定めるとおり付加機能使用料等の支払、その他ドコモに対して負担する債務を履行するものとします。
  3. 本サービスの利用停止があったとき、ドコモが利用停止を解除するまでに時間を要する場合があります。

第9条 本サービス提供の中断について

  1. ドコモは、次の場合には、本サービスの全部もしくは一部の中断を行うことができるものとします。この場合において、ドコモは、ドコモが適当と判断する方法で事前にお客さまにその旨を通知またはドコモのホームページ上に掲示するものとします。ただし、緊急の場合またはやむを得ない事情により通知できない場合は、この限りではありません。
    1. ドコモの設備またはサービスの障害による場合
    2. ドコモの設備の保守上または工事上やむを得ない場合
    3. 通信のふくそう等のため、約款の規定に基づき、通信の利用を制限する場合
    4. 接続事業者およびアプリケーション提供元の都合による場合
    5. その他技術上またはドコモの業務の遂行上やむを得ない場合
  2. 前項に定める本サービスの全部もしくは一部の中断によって生じたお客さまの損害に対するドコモの責任は、約款の規定のとおりとします。

第10条 設備の修理または復旧について

本サービスの利用中に、お客さまがドコモの設備またはサービスに異常を発見したときは、お客さまはお客さま自身の設備等に故障がないことを確認の上、ドコモに修理または復旧の請求をするものとします。

第11条 日本国外での利用について

  1. 本サービスを利用することが可能な日本国外の国および地域(以下「国際ローミング対応国」といいます。)は、約款に定めるとおりとします。
  2. 国際ローミング対応国において本サービスを利用される場合、利用されるサイトによっては、サイトや情報のご利用が制限される場合があります。また、利用されるサイトによっては、日本国内で利用される際のサイトや情報と内容が異なる場合があります。
  3. 国際ローミング対応国において、本サービスを利用される場合は、全ての通信に対し約款に定める国際アウトローミング利用料がかかります。この場合、日本国内でのご利用時とは異なる料金が適用されます。

第12条 本規則の変更について

ドコモは、ドコモの都合によりお客さまの承諾を得ることなく、本規則を変更することができるものとします。この場合には、本サービスの提供条件等については、変更後の本規則が適用されます。

第13条 合意管轄について

お客さまとドコモの間で本サービスまたは本規則に関連して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第14条 附則

本規則は、2005年6月1日から実施します。

(附則)(Xiサービスの提供等)
この改正規定は、2010年12月1日から実施します。ただし、この改正規定中、Xiサービス契約約款の適用に関する部分については、同契約約款の適用開始日から実施します。

(附則)(商号の変更)
この改正規定は、2013年10月1日から実施します。

(附則)(dアカウントへの名称変更)
この改正規定は、2015年12月1日から実施します。

(附則)(moperaUサービスの利用停止における条件変更)
この改正規定は、2016年7月1日から実施します。

(附則)(docomo Wi-Fiローミングの終了)
この改正規定は、2016年12月1日から実施します。

(附則)(mopera UID等のご利用条件変更)
この改正規定は、2017年3月1日から実施します。

株式会社NTTドコモ

mopera Uのご利用上の注意

【サービス体系図】

【サービス体系図】

インターネット接続サービスについて

インターネット接続サービスの概要は、以下のとおりです。
  1. 「パケットフィルタリング」
    1. ウイルスパターンが記載されたシグネチャを定期的に更新することにより、攻撃パターンをみて不正な攻撃を遮断する機能です。
    2. パケットフィルタリングは、XiサービスまたはFOMAサービスを通じたインターネット接続によるアクセスの場合のみ提供します。
    3. パケットフィルタリングにより、お客さまの期待するデータの送受信ができないことがあります。なお、XiサービスまたはFOMAサービスにおけるパケット通信方式によるインターネット接続の場合に、パケットフィルタリング機能のないアクセスポイントを利用いただくことも可能です。
    4. パケットフィルタリングは、いかなる場合においても提供することを保証するものではありません。したがって、お客さまが期待する機能を有するなど完全な機能を果たすことを保証するものではありません。また、お客さまが利用される端末に影響を及ぼさないことを保証するものでもありません。
  2. 「IPv6」
    1. IPv4通信の利用に加えて、IPv6通信の利用が可能となる機能です。本機能は、デュアルスタック(IPv4とIPv6とを共存させる技術)での提供となります。
    2. Xiの基本プランまたはXiデータ通信専用プランもしくはXi総合利用プラン、かつmopera U(シンプルプラン・U スタンダードプラン)契約をされているお客さまが、IPv6通信に対応したXi機種でXi対応アクセスポイントへ接続を行った場合にご利用いただけます。なお、無線IP通信網(公衆無線LAN)、固定網(フレッツ・ADSL、Bフレッツ/フレッツ 光ネクスト等)から接続された場合、IPv6による通信はご利用いただけません。
    3. アクセス制限をお申込のお客さま(利用設定をしているお客さま)が、IPv6設定を利用される場合、IPv6通信時には、アクセス制限が適用されません。
    4. 海外でインターネット通信を利用される場合、IPv6アドレスの払い出しは行われません。

メールサービスについて

  1. シンプルプランおよびU ライトプランおよびU スーパーライトプラン契約のお客さまは、メールサービスをご利用いただくことはできません。
  2. メールサービスで利用できる受信プロトコルとしてPOP方式とIMAP方式の2種類があります。
  3. メールサービスによってドコモから付与されるメールアドレスとは別に追加できるメールアドレス数は2以内とします。
  4. メールボックスには一定の容量制限があり、これを超える場合には、メールサービスを利用することはできません。なお、この容量制限に満たない場合であっても、メールサービスを受けられないことがありますので、ご注意願います。
  5. メールサービスのアドレスをお客さまご自身で任意(3〜30字の半角英数字および「-」、「_」、「.」の記号に限ります。「.」を使用する際は前後に半角英数字および「-」、「_」のいずれかを設定することが必要です。@マークの前のみ変更可能。)のアドレスに1日3回まで変更することができます。ただし、お客さまが当該メールサービスのアドレス変更を希望する以前から当該アドレスが他のお客さまにより使用中の場合など、希望するアドレスに変更できないことがあります。
  6. メールサービスで送信できるアドレス数は1回あたり50アドレス以内とします。また送信できる通数は1日あたり最大1000通までとします。
  7. お客さまは、事前にお客さまご自身が設定することにより、以下のいずれかのメール受信方法を指定することができます。
    1. ドメインを指定して受信する
    2. ドメインを指定して受信を拒否する
    3. アドレスを指定して受信する
    4. アドレスを指定して受信を拒否する
    ※ドメインとは、インターネット上のコンピュータ(サーバ)を特定する名前で、メールアドレスにおいては、@(アットマーク)より後の部分を指します。
  8. お客さまは、事前にお客さまご自身が設定することにより、受信メールのうち指定したメールアドレスからのメールの受信を拒否することができます。
  9. ドコモから付与されたお客さまご自身のメールアドレス[上記5に基づきお客さまがメールアドレスを変更された場合には、変更後のメールアドレス]以外のアドレスを利用してメールを送信できません。
  10. ドコモが定める条件をみたさない場合には、メールの送受信ができない場合もあります。

docomo Wi-Fi(mopera U)コースについて

  1. ドコモの無線IP通信網を通じて、docomo Wi-Fiエリアにおいて、お客さまが無線方式IEEE802.11a/b/g/n/acを使用した無線LAN接続によりインターネット接続および電子メールの送受信ができる機能です。なお、提携事業者のサービスエリアによっては、一部利用できない地域または通信条件が異なることがありますので、ご注意下さい。(詳細についてはドコモのホームページへ掲載しております)
  2. docomo Wi-Fi(mopera U)コースを利用するためには、シンプルプランまたはU スタンダードプランまたはU スーパーライトプラン契約の他に別途無線IP通信網を利用するための契約が必要となります。
  3. docomo Wi-Fi(mopera U)コースを利用するためのIDは、「基本ユーザID」に-mopera@docomoを付けたものとなり、パスワードは、「基本パスワード」となります。
  4. お客さまに付与されるSSIDおよびWPA2キー、WEPキーを設定されないと本サービスのご利用ができませんのでご注意下さい。ドコモはお客さまのSSIDおよびWPA2キー、WEPキーを確認した場合には、お客さまが利用したものとみなすことができるものとします。
  5. お客さまは、WPA2キーおよびWEPキーを他人に知られないよう管理を行うものとします。
  6. お客さまによるWPA2キーおよびWEPキーの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害は、ドコモの責に帰すべき事由による場合を除き、すべてお客さまが負担するものとします。
  7. docomo Wi-Fi(mopera U)コースにおいては、サービスエリアあたりの利用可能者数に限りがあります。利用可能者数を超えた場合は、本サービスのご利用はできません。
  8. docomo Wi-Fi(mopera U)コースは、サービスエリアごとにご利用可能時間が異なります。各サービスエリアの利用可能時間以外での本サービスの利用はできません。
  9. docomo Wi-Fi(mopera U)コースの利用に際して、電子レンジや医療機器、自動ドアなど、隣接もしくは干渉する周波数帯を使用している機器が近くにある場合、電波の干渉を起こす恐れがあります。これらに付随して起こった何らかの影響や不具合について、ドコモは何らの義務を負わないものとし、一切の責任を負いません。

U「フレッツ・ADSL」コース、U「Bフレッツ/フレッツ 光ネクスト」コースについて

  1. 東日本電信電話株式会社(以下「NTT東日本」といいます。)または西日本電信電話株式会社(以下「NTT西日本」といいます。)が提供する「フレッツ」サービスを通じてインターネット接続および電子メールの送受信ができる機能です。ただし、一部利用できないサービスがあります。U「フレッツ・ADSL」コースおよびU「Bフレッツ/フレッツ 光ネクスト」コースは、「mopera Uご利用規則」、「Xiサービス契約約款」、「FOMAサービス契約約款」、「本mopera Uご利用上の注意」のほか、NTT東日本およびNTT西日本の定める契約約款等に従って提供されます。
  2. U「フレッツ・ADSL」コースとU「Bフレッツ/フレッツ 光ネクスト」コースを同時契約することはできません。
  3. U「フレッツ・ADSL」コース、U「Bフレッツ/フレッツ 光ネクスト」コースを利用するためには、シンプルプランまたはU スタンダードプラン契約の他に、別途NTT東日本およびNTT西日本へのフレッツ回線契約が必要となります。
  4. U「フレッツ・ADSL」コース、U「Bフレッツ/フレッツ 光ネクスト」コースを利用するためには、お客さまのご利用場所が「フレッツ・ADSL」、「Bフレッツ」、「フレッツ・光プレミアム」、「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライト」のサービス提供エリアであることが必要となります。ただし、提供エリア内であってもご利用いただけない場合があります。
  5. その他、U「フレッツ・ADSL」コースおよびU「Bフレッツ/フレッツ 光ネクスト」コースに係る提供条件については、NTT東日本およびNTT西日本の定めるところによります。

メールウイルスチェックについて

「メールウイルスチェック機能」

  1. メールウイルスチェック機能を利用するためには、U スタンダードプラン契約の他に別途メールウイルスチェック機能を利用するための契約が必要となります。また、追加メールアドレスでメールウイルスチェック機能を利用するためには、別途追加メールアドレス毎に契約が必要となります。
  2. メールウイルスチェック機能では、mopera Uメールサービスにてメールを送受信するときにコンピュータウイルスの検知および駆除を行います。なお、当該メールの送信者または受信者がmopera Uメールウイルスチェックを契約しており、送信者がウイルス付メールを送信した場合、受信者には駆除通知付きの駆除済メールが送られ、送信者には検出通知のメールが送られます。
  3. メールウイルスチェック機能において検知および駆除が可能なウイルスは、ウイルスの検知および駆除の実施時において本サービスのウイルスパターンファイルにより対応可能なウイルスのみであり、全てのウイルスを検知し、駆除することを保証するものではありません。
  4. メールウイルスチェック機能では、ウイルスを検知したものの駆除に失敗した場合、送信者および受信者には駆除失敗のメールが送られ、送信者が送信したメールは破棄されます。
  5. メールウイルスチェック機能では、ウイルスチェックに失敗し、ウイルスの有無が不明である場合またはメールに添付されたファイルにパスワード保護がされているなどの理由によりウイルスチェックができなかった場合は、送信者にはチェック未実施のメールが送られ、受信者にはチェック未実施の通知が付加された送信者が送信したメールがそのまま送られます。

アクセス制限について

「特定サイトブロック機能(アクセス制限機能)」

  1. 特定サイトブロック機能を利用するためには、シンプルプランまたはU スタンダードプランまたはU ライトプランまたはU スーパーライトプラン契約の他に別途特定サイトブロック機能を利用するための契約が必要となります。
  2. 特定サイトブロック機能では、お客さまがインターネット接続される際に特定サイト(有害サイトなど)へのアクセスを規制します。
  3. 特定サイトブロックの条件は、ドコモが定めるグループの中からお客さまに選択していただきます。ドコモはお客さまに予告することなくグループの内容を変更することがあります。
  4. 特定サイトブロックのレベルロック機能は、お客さまに選択していただいたグループを変更できなくする機能です。特定サイトブロックのレベルロック機能を利用するためには、お申込が必要となります。
  5. 特定サイトブロック機能においてフィルタリングを行う条件、ジャンルなどは、本サービスの特定サイトデータにより対応可能なもののみとし、各カテゴリに現実に該当するすべてのサイトの閲覧が制限されることを保証するものではありません。また、SSLで暗号化されたサイトは、フィルタリング対象外となります。

「ウイルスサイトブロック機能」

  1. ウイルスサイトブロック機能を利用するためには、シンプルプランまたはU スタンダードプランまたはU ライトプランまたはU スーパーライトプラン契約の他に別途ウイルスサイトブロック機能を利用するための契約が必要となります。
  2. ウイルスサイトブロック機能では、お客さまがインターネット接続をしたときに、気づかずにウイルス感染させられる悪意あるコードを含むホームページへのアクセスを遮断します。
  3. webメールには、ウイルスサイトブロック機能は適用されないことがあります。
  4. ウイルスサイトブロック機能においてフィルタする条件、ジャンルなどは、本サービスのウイルスサイトデータにより対応可能なもののみとし、ウイルス感染させられる悪意あるコードを含むホームページのすべてをブロックすることを保証するものではありません。

その他

当社は、別途当社が指定する児童ポルノ掲載アドレスリスト作成管理団体により児童の権利等を著しく侵害するものであることが明白な画像等を含むと判断されたサイトの閲覧を制限することがあります。

未成年者のお客さまによるご利用について

お客さまが未成年者の場合、お客さま自身のほか、お客さまの法定代理人により、特定サイトブロック機能およびウイルスサイトブロック機能を同時に利用する、または、特定サイトブロックのレベルロック機能を利用するお申込および解約のお申し出を行っていただくことができます。なお、解約のお申し出の際には、お客さまの法定代理人の同意書を確認させていただく必要があります。